Titan FX スキャルピングトレードのルール

取引Trade

Titan FX スキャルピングトレードのルール

2023.09.27

2023.12.26

Titan FX(タイタン FX)では、スキャルピングによるエキサイティングなお取引をお楽しみ頂けます。数秒〜数分程度の短時間で売買を完結させるスキャルピングにとって決して妥協できない重要なスペックは「約定力」と「スプレッド」です。Titan FXでは、独自の「ZeroPointテクノロジー」によって安定した約定力と狭小スプレッドを実現しておりますので、不要なストレスを抱えず、スキャルピングで最大限のパフォーマンスを発揮して頂けます。

尚、Titan FXではスキャルピングに制限を設けておりませんが、短期売買を頻回行うことで、その他の禁止事項に抵触してしまう可能性がございます。Titan FXでスキャルピングをされる際は、Titan FX のハイスペックなトレード環境と共に、注意点についてもご確認頂いた上で、お取引を開始して下さい。

Titan FXはスキャルピングの制限無し

Titan FX(タイタン FX)では、数秒から数分で取引を完結させる「スキャルピングトレード」を行って頂けます。Titan FXはスキャルピング取引において、ロット数や銘柄等の制限がございませんので、トレードスタイルの幅を狭めることなく快適にスキャルピングによるエキサイティングなお取引をお楽しみください。


スキャルピングとは?

スキャルピングとは、数秒から数分の短い時間で新規注文から決済までを完結させる取引方法のことを指します。1回のトレードで数pips程度の小さな利益を狙い、何度も売買を繰り返して利益を積み上げていくため、チャンス相場であれば1日で100回近く売買を繰り返すトレーダーもいます。小さな値幅を狙うスキャルピングでは、高い集中力と判断力が求められると同時に、これらの能力を最大限に発揮するために、安定した約定力や極狭スプレッド等、優れたトレード環境が必要です。

スキャルピングとは

スキャルピングとは

Titan FXは自由なスキャルピングが可能

Titan FX(タイタン FX)では、口座タイプ・取引ロット数・取引銘柄に一切の制限なく、優れたトレード環境で自由なスキャルピング取引が可能です。短時間で高頻度の売買を繰り返すスキャルピングは、サーバーに負荷がかかるため禁止、あるいは条件付きで容認しているFX業者もあります。しかし、Titan FXでは、独自の「Zero Pointテクノロジー」によって、機関投資家グレードのスキャルピング環境を提供しておりますので、最大限のパフォーマンスを出すことに集中してスキャルピング取引をお楽しみ頂けます。

また、Titan FXではEA(自動売買)によるスキャルピングも可能です。EAを活用することで裁量取引ではなかなか難しいような、数秒単位で決済を繰り返す超高頻度のスキャルピングや、ロジックに基づいた感情に左右されないスキャルピングトレードを行うことが可能です。Titan FXで制限のない自由なスキャルピングトレードをお楽しみください。

Titan FX独自の「Zero Pointテクノロジー」

Titan FX(タイタン FX)では、独自の「Zero Pointテクノロジー」により、業界最狭水準の低スプレッドを実現しております。Zero Pointテクノロジーとは、Titan FXがトレード環境向上のため導入しているあらゆる技術・仕組みの総称です。世界の主要金融機関の限られたトレーダーやアナリストだけが利用可能なインフラストラクチャーや最新のテクノロジーを駆使して、スプレッドやレイテンシー(遅延)をゼロに近づけ、よりトレーダーに優位なスペックを提供できるよう日々努めています。

Titan FXの独自技術「Zero Pointテクノロジー」の詳細はこちら

Titan FXはスキャルピングに有利

Titan FX(タイタン FX)は、数あるFXブローカーの中でもスキャルピングに有利な取引環境を提供しています。高速かつ高頻度が特徴のスキャルピングにおいて欠かせないスプレッドや約定力はもちろん、最大500倍(マイクロ口座のみ最大1,000倍)ものハイレバレッジによって資金効率の高いトレードをご体感頂けます。


業界最狭水準の低スプレッド

Titan FX(タイタン FX)では、Titan FX独自の「Zero Pointテクノロジー」により、スタンダード口座・ブレード口座・マイクロ口座にて業界最狭水準のスプレッドを提供しています。中でもスタンダード口座とブレード口座はより狭いスプレッドに特化し、取引コストの最小化をを実現しています。尚、Titan FXのブレード口座は、3つの口座タイプの中で唯一取引手数料がかかる口座タイプです。1ロットあたり往復7USD(片道3.5USD)の取引手数料がかかりますが、極小スプレッドによりトータルコストは最も小さくなります。

Titan FXの主要通貨ペアのスプレッド比較(口座タイプ別)(現在)

通貨ペア スタンダード口座
(Zero Standard)
ブレード口座
(Zero Blade)
マイクロ口座
(Zero Micro)
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
1.2pips 0.9pips 1.40pips
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
1.57pips 1.27pips 1.77pips
AUD/USD
(豪ドル/米ドル)
1.52pips 1.22pips 1.72pips
USD/JPY
(米ドル/日本円)
1.33pips 1.03pips 1.53pips
USD/CHF
(米ドル/スイスフラン)
1.92pips 1.62pips 2.12pips
EUR/USD
スタンダード口座 1.2pips
ブレード口座 0.9pips
マイクロ口座 1.40pips
GBP/USD
スタンダード口座 1.57pips
ブレード口座 1.27pips
マイクロ口座 1.77pips
AUD/USD
スタンダード口座 1.52pips
ブレード口座 1.22pips
マイクロ口座 1.72pips
USD/JPY
スタンダード口座 1.33pips
ブレード口座 1.03pips
マイクロ口座 1.53pips
USD/CHF
スタンダード口座 1.92pips
ブレード口座 1.62pips
マイクロ口座 2.12pips

ブレード口座のスプレッドは手数料を加味した値です。

Titan FX 通貨ペア取引の詳細はこちら

Titan FXの発注方式について

Titan FX(タイタン FX)では、異なるスペックを持つ各口座タイプ毎に最適なスプレッドを提供するため、2種類の発注方式を採用しています。ディーラーを介さずに直接インターバンク市場に注文を行うNDD方式は全口座タイプ共通ですが、スタンダード口座とマイクロ口座ではNDD STP方式、ブレード口座ではNDD ECN方式と発注方式が異なります。注文から約定までの間にディーラーが介入しないNDD方式は、透明性と約定力に優れております。NDD STP方式とNDD ECN方式の詳細は、下記リンク先で詳しくご案内しております。

Titan FXの発注方式の詳細はこちら

高速かつ安定した約定力

Titan FX(タイタン FX)は、スキャルピングでトレード戦略を邪魔しない優れた約定力を実現しています。数ミリ秒以内の高速約定、リクオートなし、低レイテンシを実現した背景にあるのが、Titan FXの約定力に対する弛まない追求心です。Titan FXでは、世界最高峰の金融データセンターであるエクイニクス社がニューヨークに置く「NY4ファイナンシャルデーターセンター」に取引サーバーを設置しております。世界中にネットワークを持つエクイニクス社のグローバルデータセンターを介してTitan FXとリクイディティパートナーが繋がることで、トレーダーの注文を確実に執行する強固な約定力を維持しています。

最大500倍のハイレバレッジ

Titan FX(タイタン FX)では、最大500倍(マイクロ口座は最大1,000倍)ものハイレバレッジを利用したスキャルピングをお楽しみ頂けます。口座残高や取引量に応じたレバレッジ制限もございませんので、常に一定のレバレッジを利用したお取引が可能です。短期取引を頻回行うスキャルピングでは、他の手法より口座残高の変動も起きやすく、ある程度まとまった資金で運用する中級者以上のトレーダーにとっては、口座残高の変動によるレバレッジ制限に不便さを感じてしまうケースも少なくありません。しかし、Titan FXでは、口座残高によるレバレッジ制限がありませんので、スキャルピングによって口座残高が頻繁に変動しても、残高調整に追われることがありませんのでご安心ください。

但し、スキャルピングはポジションをリスクに晒す時間が短い分、やや積極的にレバレッジや取引量を引き上げてしまう傾向にあります。また、短時間で数pipsの値幅を狙うためボラティリティの高さも必要です。「大ロット×ハイレバレッジ×高ボラティリティ」での取引となると、予想と逆方向にレートが動けば、わずかな時間でロスカットされるリスクがありますのでご注意下さい。尚、Titan FXでは、全ての口座タイプで「ゼロカットシステム」を採用しております。口座残高を超える損失はリセットされますので、安心してハイレバレッジによるスキャルピングトレードをお楽しみください。

ゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムとは、相場の急激な変動によりロスカットが間に合わず、口座残高を超える損失が発生した場合に、マイナス分をTitan FX(タイタン FX)が補填し、残高をゼロにリセットする制度です。国内FX業者ではゼロカットシステムが採用されていないため、もし口座残高がマイナスになれば、マイナス残高が「ゼロ」になるまで追加で証拠金(追加証拠金)を入金しなければいけません。しかし、Titan FXでは、口座残高がマイナスになっても、追加証拠金を請求することはございません。ゼロカットシステムにより口座残高はマイナスから「ゼロ」へリセットされますので、安心してお取引に集中して頂けます。

Titan FXのゼロカットシステムの詳細はこちら

  1. Titan FXでは、相場急変時等、一時的にレバレッジ制限を実施する場合がございますのでご注意ください。
  2. 金曜日の閉場約30分前から月曜日の開場約15分後までの間、貴金属、エネルギー、株価指数CFD商品の新規ポジションのレバレッジは100倍に制限されます。

ストップレベルがゼロ

Titan FX(タイタン FX)では、全銘柄を対象にストップレベルゼロを提供しています。ストップレベルとは、指値・逆指値注文を行う際に市場価格と最低限離れる必要がある値幅の事です。例えば、ストップレベルが10pipsであれば、1ドル=140.00円のポジションに対して130.90円もしくは140.10円からしか指値・逆指値注文ができないということになります。Titan FXはストップレベルがゼロのため、同じポジションに対して140.00円から指値注文・逆指値注文を出すことが可能です。

ストップレベルゼロの場合

ストップレベルゼロの場合

ストップレベルが広いほど、利益を取り損ねたり、損失が広がったりと運用成果にマイナスの影響をもたらします。ストップレベルが狭いほど、より細かく利食いと損切りを指値・逆指値注文で設定することが可能ですので、Titan FXのストップレベルゼロは、小さな値幅を狙うスキャルピングにおいて有利な条件といえます。

Titan FXのスキャルピングに関する禁止行為

Titan FX(タイタン FX)では、スキャルピングに関する制限を設けておりません。但し、スキャルピングで短期取引を繰り返し行う中で、Titan FXが定めるその他の禁止事項に抵触してしまうケースがあります。規約違反と知らずに抵触した場合でも、出金拒否やアカウント凍結などペナルティの対象となりますので、スキャルピングをされる際は、十分にご注意下さい。


ゼロカットを悪用した取引

Titan FX(タイタン FX)では、ゼロカットシステムを悪用した取引が禁止されています。ゼロカットを悪用した取引とは、A口座で買い・B口座で売りといった形で両建て取引を行い、一方の口座でゼロカット、ゼロカットされなかった口座で利益を確保する取引方法を指します。このような取引が行われると、ゼロカットによりお客様のマイナス残高を補填したTitan FXが、多額の損失を抱えてしまうことになるため、禁止しております。

Titan FX内の複数口座間であっても、Titan FXと他社口座を跨ぐ口座間であっても、ゼロカットシステムを悪用する取引は禁止行為となります。ゼロカットを悪用する意思の有無に関係なく、当該行為により利益を得た場合には、ペナルティの対象となる可能性がありますのでご注意下さい。

Titan FXのゼロカットの詳細はこちら

他社口座を含む複数口座を利用した両建て取引

Titan FX(タイタン FX)では、他社口座を含む複数口座を利用した両建て取引を禁止しております。同一通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に保有する両建て取引は、Titan FX内の同一取引口座内にて行って頂くようご注意下さい。例えば、Titan FXのA口座でデイトレード、B口座でスキャルピングと複数口座を使い分けるようなケースでは、意図せずとも両建て取引が成立する可能性があります。これは他社口座間とTitan FX口座間でも同じ考えとなります。

他者口座を含む複数口座を利用した両建て取引

他者口座を含む複数口座を利用した両建て取引

また、異なるトレード戦略を持つ自動売買(EA)を複数口座で稼働させる場合には、意図せず複数口座間の両建てポジションを建ててしまわないように、更なる注意が必要です。他社口座を含め、複数の口座を使い分けてFXトレードを行う際には、EAの取引対象通貨や保有しているポジションの銘柄等を十分に確認の上、取引を開始するようご注意下さい。

両建て取引とは

両建て取引とは、同一通貨ペアかつ同一量の売りポジションと買いポジションを同時に保有する取引手法の一つです。含み益と含み損を抱えることにより、互いに損益を相殺し合い、口座内の損益と証拠金維持率が固定されるため、値動きが大きい相場におけるリスクヘッジとして有効な手法となります。基本的にはスワップポイントを狙ったスイングトレードや、相場の方向性が読みづらい局面等で活用する両建て取引ですが、両建てポジションを解除するタイミングは非常に難しく、安易に取り入れることはおすすめできません。しかしながら、大切な資産を増やす、あるいは守るために有効な手法となりますので、両建て取引はトレード戦略を立てた上でご活用下さい。

Titan FXの両立て取引の詳細はこちら

特定のタイミングのみを狙った取引

Titan FX(タイタン FX)では、特定のタイミングだけを狙ったスキャルピングは禁止されています。具体的なタイミングは以下の通りです。

  1. 接続遅延やレートエラーの発生時
  2. 週明けの窓(ギャップ)の発生時

重要な経済指標発表や要人発言などにより、大量に注文が行われるような相場では、一時的にレートエラーが発生する場合があります。レート表示に遅れが生じている場面のみを意図的に狙った悪質なスキャルピングは禁止となりますのでご注意下さい。また、金曜日の終値と月曜日の始値の乖離によって発生する週明けの窓のみを狙ったスキャルピングも禁止となります。特定のタイミングのみを狙った取引は、スキャルピングに限らず禁止されておりますので、ご注意ください。

Titan FXのスキャルピングに最適な相場と銘柄

Titan FX(タイタン FX)では、「狭小スプレッド×ハイレバレッジ」なトレード環境にて、多種多様な銘柄でスキャルピングを行って頂けます。FX通貨ペアだけでなく、国内トレーダーに人気の高いゴールドや、ボラティリティの高い仮想通貨など、お好みの銘柄でスキャルピングをお楽しみ下さい。


スキャルピングに最適な相場の特徴

スキャルピングで小さな利益を積み上げていくには、短時間で大きな値動きが見られる相場が最適です。具体的には、日本時間9:00〜11:00頃(東京市場)、日本時間17:00〜翌2:00頃(ロンドン市場)、日本時間22:00〜翌2:00頃(ニューヨーク市場)です。中でも、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯は、世界中のトレーダーが集まり最も取引が活発になるため、値動きが大きくスキャルピングに最適な相場となります。

尚、相場は一方向に上昇または下降し続けるトレンド相場と、一定の値幅を行き来するレンジ相場があります。ポジションを保有する時間が短いスキャルピングにとって、これら全ての相場が取引チャンスです。大きな値幅を狙うデイトレードやスイングトレードでは、レンジ相場は利益を得難い相場となりますが、スキャルピングなら短い時間で軽快にレートが動く場面であれば、レンジ相場でコツコツ利益を積み上げることが可能です。

大きな値動きが見られる相場

大きな値動きが見られる相場

  1. 上記の主要な市場は、重要経済指標発表や要人発言が集中する時間帯となるため、相場の急変動にはご注意下さい。
  2. 取引量が一気に増えるような局面ではスプレッドが広がりますのでご注意下さい。
  3. FX通貨ペア、仮想通貨CFD以外の銘柄は取引時間外となる場合があります。

スキャルピングに最適な銘柄の特徴

Titan FX(タイタン FX)では、FX通貨ペアを始め、貴金属、株価指数(JPN225等)、エネルギー、コモディティ、米国株式、仮想通貨でスキャルピングをお楽しみ頂けます。しかし、短時間で小さな利益を積み上げていくスキャルピング手法において、スプレッドが広く値動きが小さい銘柄では効率良く利益を得ることが難しくなります。Titan FXでスキャルピングを行う際には以下の特徴に注目して取引銘柄をお選び下さい。

  1. スプレッドが狭い銘柄
  2. 値動きが大きい銘柄
  3. 取引量が多い銘柄

スキャルピングにとってポジションを建てた時の含み損となるスプレッド幅は、最重視すべきスペックです。スプレッドは狭ければ狭いほどスキャルピングに有利となります。加えて、値動きの大小も重視すべきスペックとなります。全ての時間帯を通して値動きが小さい銘柄は、そもそもスプレッドが広い傾向にあり、含み損を解消するまでに多大な時間を要する可能性があるため、スキャルピングには不向きとなります。また、値動きが小さい=取引量が少ない銘柄は相場が急変しやすく、ポジション保有時間が短くても損失リスクが高まるため、スキャルピングをされる際は極力避けて頂くことをおすすめします。

Titan FXのスキャルピングに関する注意点

スキャルピングはポジションを保有する時間が短いがゆえに、トレーダーは1回あたりの取引量を増やし、かつ高いレバレッジをかける傾向にあります。また、頻回取引となるためスプレッド幅が広がりやすいタイミングに注意してトレードを開始しなければいけません。Titan FX(タイタン FX)でスキャルピング取引をされる際は、このような注意点を予めご理解ください。


重要経済指標発表・要人発言前後の取引

為替相場に影響を及ぼす重要経済指標発表や各国の要人発言前後は、スプレッドが広がりやすくなるため、スキャルピング取引をされる場合はご注意下さい。Titan FX(タイタン FX)では、業界最狭水準の低スプレッドを安定して提供できるよう努めておりますが、大量の注文が集中する場面では、一時的にスプレッドが広がる傾向にあります。低スプレッドで約定できた場合でも、ポジション保有中にスプレッドが拡大して損失が大きくなる可能性があります。また、こうした局面では、瞬間的に大きく上昇あるいは下降した後に、一気に逆方向のトレンドが発生するケースも珍しくありません。広いスプレッドを維持したまま、相場の方向性が定まらずに激しくレートが上下した結果、ロスカットが発動されるリスクも高まります。そのため、不要な損失を回避するために、「重要経済指標発表・要人発言前後は取引をしない」という選択肢もお持ち頂くことをおすすめします。

相場に大きな影響を及ぼす主な重要経済指標の一例

  1. 米国雇用統計
  2. GDP(国内総生産)
  3. 消費者物価指数(CPI)
  4. 小売売上高
  5. 鉱工業生産
  6. 各種景況感指数
  7. FOMC
  8. ECB政策理事会
  9. 日銀金融政策決定会合

年末年始など流動性が低い時期の取引

Titan FX(タイタン FX)は、お客様に安定した業界最狭水準のスプレッドを提供すべく、数々の革新的な技術を導入しております。しかし、クリスマスや年末年始など、世界的な祝祭日には、著しく取引量が減少し、安定したスプレッドの提供が難しくなる場合がございます。スプレッドが拡大すると、スキャルピングに不利なトレード環境となりますので、こうした流動性が低い時期のお取引にはご注意ください。また、年末年始にかけてポジションを保有することによるリスクを回避するため、クリスマス休暇前には、多くの投資家がポジションを手仕舞いすることにより、値動きが不安定になる点にも注意が必要です。このように、年末年始やクリスマス期間は、相場の急変リスクが非常に高いので、スキャルピングは極力お控え頂くことをおすすめします。

Titan FXの取引時間に関する注意点はこちら

ハイレバレッジを利用したスキャルピング

ポジション保有期間が短いスキャルピングは、他の取引方法よりハイレバレッジトレードとの相性に優れています。なぜなら、狙うべき値幅が狭い分、損切りを行う値幅も狭く設定するため、高いハイレバレッジをかけても損失を抑えやすいからです。但し、ハイレバレッジを活用したスキャルピングで利益を獲得できるのは、予想通りに相場が動いた時に適切な利食いを行い、予想と逆方向に相場が動いた場合には適切に損切りを実行することが大前提となります。Titan FX(タイタン FX)では、最大500倍のハイレバレッジでお取引頂くことが可能ですが、根拠を持たないまま、高いレバレッジを使って行うスキャルピングは、非常にギャンブル性の高い取引となります。証拠金を早期に失う可能性が高くなりますので、Titan FXでスキャルピングを行う際は、リスク管理を行った上で適切なレバレッジ倍率を使用することが大切です。

市場動向と経済指標の把握

スキャルピングでは、僅かな値幅も収益獲得の重要な機会となりますが、ボラティリティの高い相場で取引を行うことで、不要な損失を避け、効率良く利益を積み上げることが可能です。ボラティリティは、市場参加者の関心が高い銘柄や、取引量が多い時間帯で高まりやすい傾向があります。そのため、運用成果を上げるためには、市場動向の把握や、注目の経済指標を確認するリサーチ力が非常に重要となります。

Titan FX(タイタン FX)が運営する「タイタンFX研究所」では、経済イベントやマーケットレポートなどの有益な情報を、無料で提供しております。Titan FXの取引ツール「MT4/MT5」で利用可能なインジケーターの使い方、パラメーターの設定方法、さらにはダウンロードまでも行って頂けます。

タイタンFX研究所

タイタンFX研究所

タイタンFX研究所で提供する全ての情報は、Titan FXでリアル口座を開設して頂くだけでどなたでもご覧頂けます。初心者から上級者まで、全てのトレーダーにとって役立つ情報を提供しておりますので、是非ご活用下さい。

Titan FXのスキャルピングに関連するご質問(FAQ)

  1. Titan FXのストップレベルを教えてください。

    Titan FXのストップレベルは全銘柄でゼロです。ストップレベルとは、指値・逆指値注文を行う際に市場価格と最低限離れる必要がある値幅の事です。ストップレベルが狭いほど、より細かく利食いと損切りを指値・逆指値注文で設定できるため、小さな値幅を狙うスキャルピングで有利にお取引頂けます。

    続きを読む

    2023.09.27

    お取引

  2. Titan FXではスキャルピングに関する禁止事項はありますか?

    はい、Titan FXではスキャルピングに関していくつかの禁止事項がございます。ゼロカットを悪用した取引や、他社口座を含む複数口座を利用した両建て取引、特定のタイミングのみを狙った取引等の禁止事項に抵触した場合、出金拒否やアカウント凍結などペナルティの対象となりますのでご注意ください。

    続きを読む

    2023.09.27

    お取引

  3. Titan FXでスキャルピングにおすすめの取引銘柄を教えてください。

    Titan FXでスキャルピング取引を行うのに適した銘柄は、スプレッドが狭く、値動きが大きく、なおかつ取引量が多い銘柄になります。具体的には、米ドル/円やユーロ/米ドルに代表されるメジャー通貨ペアをはじめ、ゴールド、シルバー、ビットコインといった市場流動性の高い銘柄がおすすめです。

    続きを読む

    2023.09.27

    お取引

  4. Titan FXでスキャルピング取引におすすめの口座タイプを教えてください。

    Titan FXではスタンダード口座・ブレード口座・マイクロ口座の全口座タイプでスキャルピングをお楽しみ頂けます。中でも、ブレード口座はより狭いスプレッドに特化し、取引コストの最小化を実現しています。尚、ブレード口座は、3つの口座タイプの中で唯一、取引手数料が発生するためご注意ください。

    続きを読む

    2023.09.27

    お取引

  5. Titan FXではスキャルピング禁止ですか?

    いいえ、Titan FXではスキャルピング禁止ではありません。Titan FXでは、数秒から数分で取引を完結させる「スキャルピング」手法によるトレードを行って頂けます。ロット数や銘柄、回数等の制限がございませんので、トレードスタイルの幅を狭めることなく快適にスキャルピング取引を行って頂けます。

    続きを読む

    2023.09.26

    お取引

期間限定
キャンペーン
デモトレードで最高賞金30万円! リスクゼロの卯月トレードコンテスト2024