XMTrading (エックス エム)|マーケットレポート

マーケットレポートMarket Reports

上値の重い米ドルが上昇できるのか注視か

2022.10.04

上値の重い米ドルが上昇できるのか注視か

本日のポイント

  1. 米・JOLT労働調査
  2. 米・ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言

前日の株式市場は、欧州市場で各国が小幅に反発し2日続伸となった。もっとも上げ幅の大きかった独・DAXは、前日比プラス0.79%の12,209で終了した。米国市場は3日振りに反発となり、主要株価指数3銘柄がそろって2%以上の大幅上昇となった。ダウ平均は前日比プラス2.66%の29,490ドルで着地した。

為替市場は、ドルインデックスが111.5まで低下しており、米ドルの上値が重くなっている。米ドル円は昨日のアジア時間で115円台に乗せたものの勢力は続かず145.306から144.153まで110pipsの下落となった。米ドル円は下値が堅い分上値も重くなっており、ボラティリティも低下していることから、先月22日の為替介入の効果がしっかりと出ている相場となっている。

本日の指標は、18:00に欧・生産者物価指数、22:00に米・ローガン:ダラス連銀総裁の発言、米・ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言、22:15に米・メスター:クリーブランド連銀総裁の発言、23:00に米・製造業受注、米・JOLT労働調査、24:00に欧・ラガルドECB総裁の発言、26:00に米・デイリー:サンフランシスコ連銀総裁の発言が予定されている。上値の重い米ドルが上昇できるのか、慎重に静観したい。

“マーケットレポート” の検索結果 575 件

1 / 29 page

上値の重い米ドルが上昇できるのか注視か

2022.10.04 NEW

上値の重い米ドルが上昇できるのか注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国が小幅に反発し2日続伸となった。もっとも上げ幅の大きかった独・DAXは、前日比プラス0.79%の12,209で終了した。

スイスの消費者物価指数公表によるフランの動向に注目か

2022.10.03 NEW

スイスの消費者物価指数公表によるフランの動向に注目か


先週末の株式市場は、欧州市場で各国がそろって反発し、もっとも上げ幅の大きかった仏・CAC40は、前日比プラス1.51%の5,762で終了した。

月末最終日に米ドルが反落となるのか注視か

2022.09.30 NEW

月末最終日に米ドルが反落となるのか注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国が軒並み安となり、もっとも下げ幅の大きかった英・FTSEは、前日比マイナス1.77%の6,881で終了した。

月末に向けての米ドルが一段安となるのか注視か

2022.09.29 NEW

月末に向けての米ドルが一段安となるのか注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国が小幅に反発となり、もっとも上げ幅の大きかった独・DAXは、前日比プラス0.36%の12,183で終了した。

独歩高が止まらない米ドルの方向性を注視か

2022.09.28

独歩高が止まらない米ドルの方向性を注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって下落となり、もっとも下げ幅の大きかった独・DAXは、前日比マイナス0.72%の12,139で終了した。

ボラティリティの変動が著しいポンドの動向に注目か

2022.09.27

ボラティリティの変動が著しいポンドの動向に注目か


前日の株式市場は、欧州市場で英国以外が3日続落となり、もっとも下げ幅の大きかった独・DAXは、前日比マイナス0.46%の12,227で終了した。

相次ぐ要人発言による価格変動に注意か

2022.09.26

相次ぐ要人発言による価格変動に注意か


先週末の株式市場は、欧州市場で各国がそろって続落となり、もっとも下げ幅の大きかった欧・ユーロ50は、前日比マイナス2.29%の3,348で終了した。

24年ぶり為替単独介入翌日の米ドル円の値動きに警戒か

2022.09.23

24年ぶり為替単独介入翌日の米ドル円の値動きに警戒か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって反落となり、もっとも下げ幅の大きかった仏・CAC40は、前日比マイナス1.87%の5,918で終了した。

FOMC通過後の米ドル円の方向性に注目か

2022.09.22

FOMC通過後の米ドル円の方向性に注目か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって反発となり、もっとも上げ幅の大きかった仏・CAC40は、前日比プラス0.87%の6,031で終了した。

FOMCによる急激な価格変動に要警戒か

2022.09.21

FOMCによる急激な価格変動に要警戒か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって下落となり、もっとも下げ幅の大きかった仏・CAC40は、前日比マイナス1.35%の5,979で終了した。

日・英の連休明け相場の方向性に注目か

2022.09.20

日・英の連休明け相場の方向性に注目か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、もっとも上げ幅の大きかった独・DAXは、前日比プラス0.49%の12,803で終了した。

政策金利発表ウィークの週始めの価格変動を注視か

2022.09.19

政策金利発表ウィークの週始めの価格変動を注視か


先週末の株式市場は、欧州市場で各国がそろって続落となり、特に下げ幅の大きかった独・DAXは、前日比マイナス1.66%の12,741で終了した。

週末のポジション調整による反対売買の値動きに注意か

2022.09.16

週末のポジション調整による反対売買の値動きに注意か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、唯一プラスでの着地となった英・FTSEは、前日比プラス0.07%の7,282で終了した。

強含んでいるポンドの動向を注視か

2022.09.15

強含んでいるポンドの動向を注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって2日続落となり、もっとも下げ幅の大きかった英・FTSEは、前日比マイナス1.47%の7,277で終了した。

米・CPI発表により急変動した米ドルの値動きを注視か

2022.09.14

米・CPI発表により急変動した米ドルの値動きを注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって引けにかけ反落となり、もっとも下げ幅の大きかった欧・ユーロ50は、前日比マイナス1.65%の3,586で終了した。

米国時間での米・CPI結果による急激な価格変動に警戒か

2022.09.13

米国時間での米・CPI結果による急激な価格変動に警戒か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって大幅続伸となり、もっとも上げ幅の大きかった独・DAXは、前日比プラス2.40%の13,402で終了した。

月半ばの週明けの価格動向を注視か

2022.09.12

月半ばの週明けの価格動向を注視か


先週末の株式市場は、欧州市場で各国がそろって大幅上昇となり、もっとも上げ幅の大きかった欧・ユーロ50は、前日比プラス1.64%の3,570で終了した。

米国時間での米・ウォラーFRB理事の発言内容に警戒か

2022.09.09

米国時間での米・ウォラーFRB理事の発言内容に警戒か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、前日から上昇した仏・CAC40は、前日比プラス0.33%の6,125で終了した。

政策金利発表後に弱含んだ加ドルの値動きを注視か

2022.09.08

政策金利発表後に弱含んだ加ドルの値動きを注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、唯一マイナスとなった英・FTSEは、前日比マイナス0.86%の7,237で終了した。

143円に乗せた米ドル円の方向性を注視か

2022.09.07

143円に乗せた米ドル円の方向性を注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって反発し、特に上げ幅が大きかった独・DAXは、前日比プラス0.87%の12,871で終了した。


1 / 29 page

人気銘柄
日経225
低スプレッド&レバレッジ500倍日経225を取引するならTitanFX