10 years

XMTrading (エックス エム)|マーケットレポート

マーケットレポートMarket Reports

米ドル買い相場となった通貨強弱が米国時間でも継続するのか注目か

2024.07.19

米ドル買い相場となった通貨強弱が米国時間でも継続するのか注目か

本日のポイント

  1. 英・小売売上高
  2. 独・生産者物価指数

前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、もっとも下げ幅の大きかったスイス・SMIは、前日比マイナス0.70%の12,243で終了した。米国市場は、主要株価指数3銘柄がそろって下落となり、特に下げ幅の大きかったダウ平均は、前日比マイナス1.29%の40,665ドルでの着地となった。米10年債利回りは、4.20%まで反発している。

為替市場は、米ドル買い・円売り相場となった。米ドル円は155.369から157.403まで上昇。時間足20MA下位から上位へと回復した。4時間足ではボリンジャーバンド-3σからの反発が入っており、日足では75MAがサポートラインとして機能している。このまま米ドルが対円で強含んでいくのか、上伸性に注目したい。

本日の指標は、8:01に英・GFK消費者信頼感調査、8:30に日・全国消費者物価指数、8:45に米・ボウマンFRB理事の発言、15:00に英・小売売上高、独・生産者物価指数、21:30に加・小売売上高、加・鉱工業生産、加原料価格指数、23:40に米・ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言、26:00に米・ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言が予定されている。米ドル買い相場となった通貨強弱が米国時間でも継続するのか、慎重に注視したい。

森真(もりまこと)

著者:森真(もりまこと)

海外FX経歴11年。海外の証券会社での勤務後、専業トレーダーに転身。徹底的にファンダメンタルズを分析し、どんな相場でも対応できるコツをつかみ成績アップ。得意な取引スタイルは2~3日で決済が基本のスイングトレード。

“マーケットレポート” の検索結果 1032 件

1 / 52 page

米ドル買い相場となった通貨強弱が米国時間でも継続するのか注目か

2024.07.19 NEW

米ドル買い相場となった通貨強弱が米国時間でも継続するのか注目か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、もっとも下げ幅の大きかったスイス・SMIは、前日比マイナス0.70%の12,243で終了した。

最弱通貨となった豪ドルが反発を見せるのか注視か

2024.07.18 NEW

最弱通貨となった豪ドルが反発を見せるのか注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、もっとも上げ幅の大きかったスイス・SMIは、前日比プラス0.39%の12,316で終了した。

クロス円の中で比較的上昇したフラン円の動向を注視か

2024.07.17 NEW

クロス円の中で比較的上昇したフラン円の動向を注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって下落となり、もっとも下げ幅の大きかった仏・CAC40は、前日比マイナス0.69%の7,580で終了した。

最弱通貨となったNZドルが欧州時間で反発を見せるのか注目か

2024.07.16 NEW

最弱通貨となったNZドルが欧州時間で反発を見せるのか注目か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって下落となり、もっとも下げ幅の大きかった欧・ユーロ50は、前日比マイナス1.22%の4,981で終了した。

米・PPI回復も対円で下落した米ドルの反発性に注目か

2024.07.15 NEW

米・PPI回復も対円で下落した米ドルの反発性に注目か


先週末の株式市場は、欧州市場で各国がそろって上昇となり、もっとも上げ幅の大きかったユーロ50は、前日比プラス1.38%の5,044で終了した。

米CPI低下にて下落した米ドルの値動きを静観か

2024.07.12

米CPI低下にて下落した米ドルの値動きを静観か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって上昇となり、もっとも上げ幅の大きかったスイス・SMIは、前日比プラス0.90%の12,253で終了した。

RBNZ明けのNZドルがこのまま対円で下落するのか注目か

2024.07.11

RBNZ明けのNZドルがこのまま対円で下落するのか注目か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって上昇となり、もっとも上げ幅の大きかった伊・MIBは、前日比プラス1.31%の34,306で終了した。

政策金利据え置きで下落したNZドルの方向性を静観か

2024.07.10

政策金利据え置きで下落したNZドルの方向性を静観か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって下落となり、もっとも下げ幅の大きかった仏・CAC40は、前日比マイナス1.56%の7,508で終了した。

上昇したユーロ円が欧州時間でも上昇するのか注目か

2024.07.09

上昇したユーロ円が欧州時間でも上昇するのか注目か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、もっとも上げ幅の大きかったスイス・SMIは、前日比プラス0.27%の12,049で終了した。

重要指標のない米国時間での通貨強弱性を静観か

2024.07.08

重要指標のない米国時間での通貨強弱性を静観か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、唯一上昇した独・DAXは、前日比プラス0.09%の18,470で終了した。

1週間ぶりに上昇した日本円の持続性を注視か

2024.07.05

1週間ぶりに上昇した日本円の持続性を注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって上昇となり、もっとも上げ幅の大きかった英・FTSEは、前日比マイナス0.86%の8,241で終了した。

米市場休場による米国時間での急激な価格変動に要注意か

2024.07.04

米市場休場による米国時間での急激な価格変動に要注意か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって上昇となり、もっとも上げ幅の大きかった欧・ユーロ50は、前日比プラス1.25%の4,967で終了した。

米FOMC議事録公表にて米ドルの強弱性に変化が表れるのか注視か

2024.07.03

米FOMC議事録公表にて米ドルの強弱性に変化が表れるのか注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって下落となり、もっとも下げ幅の大きかった独・DAXは、前日比マイナス0.87%の18,161で終了した。

経済指標鈍化でも上昇している米ドルの上値余地を注視か

2024.07.02

経済指標鈍化でも上昇している米ドルの上値余地を注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって上昇となり、もっとも上げ幅の大きかった伊・MIBは、前日比プラス1.70%の33,716で終了した。

独・失業率悪化でも上昇したユーロの上伸性に注目か

2024.07.01

独・失業率悪化でも上昇したユーロの上伸性に注目か


先週末の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、もっとも下げ幅の大きかった仏・CAC40は、前日比マイナス0.68%の7,479で終了した。

クロス円の中で唯一下落したフラン円の回復性に注意か

2024.06.28

クロス円の中で唯一下落したフラン円の回復性に注意か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がまちまちの展開となり、もっとも下げ幅の大きかった伊・MIBは、前日比マイナス1.06%の33,186で終了した。

下落著しい日本円の回復性を注視か

2024.06.27

下落著しい日本円の回復性を注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって反落となり、もっとも下げ幅の大きかった仏・CAC40は、前日比マイナス0.69%の7,609で終了した。

豪・5月CPI上昇にて急騰した豪ドルの上値余地を静観か

2024.06.26

豪・5月CPI上昇にて急騰した豪ドルの上値余地を静観か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって下落となり、もっとも下げ幅の大きかった独・DAXは、前日比マイナス0.94%の18,169で終了した。

価格が上昇したポンド円の動向を注視か

2024.06.25

価格が上昇したポンド円の動向を注視か


前日の株式市場は、欧州市場で各国がそろって上昇となり、もっとも上げ幅の大きかった伊・MIBは、前日比プラス1.58%の33,834で終了した。

最弱通貨となった日本円の下伸性に要警戒か

2024.06.24

最弱通貨となった日本円の下伸性に要警戒か


先週末の株式市場は、欧州市場で各国がそろって下落となり、もっとも下げ幅の大きかった伊・MIBは、前日比マイナス1.09%の33,308で終了した。


1 / 52 page

10周年記念ロト
毎週50名に当たる
10週連続100万円+グランプリ賞金1,000万円! 総額2,000万円!史上最大の大抽選会